スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今年を振り返る・その1。

今日も朝から嵐のような大雨でした。

でもまだまだ雨の日は気温が高めの静岡県です。

 

さて、昨日から完全なる引きこもり生活を送っているイワタです。こんにちは。

というのも、演奏などなどで外出していたため全然進んでいない編曲作業を一気に片付けなくてはならないため、冬休みで暇を持て余している子供も放置です。

まあ娘は中学生なのでまだ部活もあり、息子1は宿題と、サンタさんにもらったベイブレードで遊んでおります。

保育園児の息子2は今日まで保育園です。

そして明日からは義母が休みに入るため、本当に夕方までは完全放置になります・・・。

ってぐらい子供たちもだいぶ大きくなってきたので、自分たちで遊んだり、近所の子と連絡を取って遊んだりしていてだいぶ楽になりました。

 

閑話休題。

 

まあ何とか今日1曲形になりそうなので休憩がてら1年の振り返りを。

 

振り返ると、「ああ、またあっという間に1年が終わってしまった」という感想しか・・・。

色んな事に追われているうちに1年が過ぎてしまいました。

 

でもその中でも自分の中で大きく飛躍したことや、自信を得たものも多かったと思います。

その分、反省もたくさんあります。それは次のステップアップのためには絶対に必要なものなので、落ち込むという意味ではなく。

やはり、夏の自主公演では得たものがとても大きかった。

企画、運営なども含め、次に活かせるものをたくさん得ることが出来ました。

そして、自身の演奏についてもさらなる進化のための鍵がたくさん見つかったような気がします。

 

仕事のやり方、家庭のこと、子供たちのことも色々考える機会が多かったようにも思います。

そして出会いや別れもあり、自分の生き方についても考えさせられる1年でした。

 

 

自分があと何年生きていられるか、何年仕事ができるのかはわかりませんが、人生なんてあっという間、また毎年「あっという間に1年が終わってしまった」と思わないように、来年は自分の改革をしていきたいと思っています。

 

今年得たもので、ぼんやりですが自分の今後の進むべき道が見えてきました。

好きなことややりたい事は、出来る限りやりたいけれど、今のままではどの道も途中で通行止めに合いそうな状態なので、以前Facebookの方にも少し書きましたが、今の状況を少し整理(整備かな)して、新しい方向に向かえるように道を作っていきたいと思っています。

 

不思議なことに、そうやって道を作ろうと思っているとその道に必要な出会いや事柄があって、もう既にその方向に地図が出来上がってこようとしています。

あとは、自分の決意と努力次第。

 

いま、3年後の自分が何をしているか、を軸に色々と考えています。

1年だとそれこそあっという間に終わってしまうので、現状の自分から何を脱却したいか。現状の自分からどう進化したいか。そんなことを考えています。

 

1月から少しずつその整備を始めていきます。

1年ほどかけて、今の生活環境と変えていこうと思っています。

引っ越しとか、離婚とかじゃないです(笑)

人の目に見えて変わるというより、自分の身の回りを整備していく感じかな〜。

 

 

来年は、来年も?挑戦の年になりそうです。

 

がんばるぞー!

 

 

ではまた。

 

 

写真はオールブルースのラストセッションです!

楽しかった!

 

 

 

テューバSoloとサックス8重奏のための「竹田の子守唄」

春眠暁を覚えずと言いますが、私の場合「秋眠暁を覚えず」ですね・・・。

すっかり朝布団から出られない季節がやってまいりました。

ちなみに、我が家は冬になると朝室温が1℃とか0℃みたいな事が起こるので、どんどん出るのが嫌になってくるんですけどね。。。(笑)

 

さて、今日は新しいアレンジ作品のご紹介。

とはいえ、こちらは今のところ出版の予定がありません。

使うよ〜って方が多ければ出版してもいいかなとは考えてるんですが。。。

 

以前紹介した藤田くんのために書いた「子供の幻想」の2楽章を「竹田の子守唄」をメインに書きました。

カデンツァの部分は藤田くんのオリジナルです。素晴らしいです。

 

毎度ながら本当に素敵に演奏していただき、感謝しかありません。

こうやって音にしていただけるっていうのは有難い以外の何者でもありません。

 

では、動画をどうぞ。

 

 

サックスアンサンブルは書いていてとても楽しいです。

それぞれの音色がそれぞれ個性的なのに、アンサンブルになると何十倍にも音の厚みが広がりますね。

カルテットでも、このような大型編成でも響きが色々違って面白いです。

 

ちなみに、私は低音楽器が高い音を出したり、高音楽器が低い音を出すのが好きで・・・(笑)

ソプラノ・サックスなのにちょっと低めの音域を使ってみたり・・・奏者からするとやめて〜って言われることがたまにあったり・・・(^_^;)

 

さて、まだまだ編曲色々山積み!

今月も頑張るぞー。

 

ではまた。

JUGEMテーマ:クラシック音楽

昼間のほうが集中できる。

2日ほど更新空きました。

Facebookもまる1日放置。

 

先週は編曲週間として、色々書いていた訳ですが、佳境に入ると他のことが放置になりますね。。。

そして、わかったのは自分はいま割と昼間のほうが集中できるということ。

夜になると落ち着いて作業できないみたいです。

子供が生まれる前は完全に夜型生活だったんですけどね〜。

とはいえ、いまもけっこう夜型生活なんですが、どちらかというと無理矢理起きてるって感じですね。

 

編曲週間ではありましたが、もちろん仕事で外にも出ておりました。

 

 

月曜日の富士山。

県外の友達が、「最近富士山見かけないんだけどなくなったんじゃね?」って言うぐらい(笑)最近はお天気がイマイチでしたね〜。

月曜日はやっとカラッと秋晴れになりました。

今日はまた薄曇りで寒いんですが。。。

 

あと、3年10ヶ月前に我が家に来た私の愛車エブリイさんが、ついに我が家に来て10万キロ走りました。

 

 

ハイ、7万3000キロで我が家に来たエブリイさん。

よく乗りましたね〜。

横になが〜い静岡県に住むと、必然的に距離がこうなりますね。。。

往復100キロとか当たり前ですからね〜。

 

閑話休題。

 

そんな訳で先週は編曲週間にしましたが、

そろそろペースを上げていかなくてはならないので、今月も引き続き編曲月間かな〜と。

有り難いことに、色々とお話をいただいているのでひとつひとつ丁寧にやっていきたいと思います。

 

 

そう、昼間のほうが楽譜を書くのに集中できるんですが、

 

昼間集中しすぎて、

 

楽器の練習を忘れます・・・。

 

なので夜中にプラクティスミュートで吹いたり(楽器は夜型人間)

 

レッスンの空き時間に練習したりしているのですが・・・

 

今日はさすがに昼間に練習します(笑)

 

 

楽譜がいっぱい届いているので、目を通さなくては〜。

 

 

ではまた。

 

出版譜のご案内 2016年10月

涼しくなったなあと思ったら、また暑いのに逆戻りですね。

いつになったら遠慮なく長袖が来られる日が来るのでしょうか・・・。

 

ブログは更新できるようになってきましたが、今度はホームページ(CASA BRASS ENSEMBLE)とか動画とか少しずつですが整備しています。

時間をね、上手に使えるといいんですが。

なにせ偏りのあるO型なんで、ひとつのことをやりだすと他のことに手が回らなくなるんですよねえ。

計画的に色々とできる大人になりたいです。

 

さて、今年6月からASKS Windsさんに楽曲の出版についてお世話になることになりました。

 

きっかけになったのは、大学の後輩であり、シンガポール交響楽団首席テューバ奏者である藤田英大くんから、2016年にアメリカテネシー州で行われる「ITEC2016」に出典する曲を書いてもらいたい、と依頼を受けたこと。

以前、YouTubeで発表した吹奏楽のための楽曲にとても感銘を受けて下さって、「オリエンタルな雰囲気のソナタを書いてほしい」とメッセージをいただいたのです。

 

オリエンタル・・・・

 

それはもう考えて考えて考えて・・・(笑)

 

メロディが頭のなかに浮かんで、それを組み立てていったらフレンチ和風な作品に仕上がりました。

ボザのような、ドビュッシーのような伴奏に乗せて、テューバのメロディーは和風な感じで。

 

とまあそんなことがあり、6月初旬には世界初演(!)され、6月25日に東京にて藤田くんのリサイタルが開催され、そちらで日本初演していただきました。

それにあたり、前述のASKS Windsさんにお声掛けいただき出版させていただくことになりました。

 

 

抜粋ですが。

こんな雰囲気の曲です。

 

楽譜の購入はこちら

 

他にも数曲出版させていただいてます。

できるだけ月に1曲ぐらいのペースで出せればいいなとは思っています。

CASAで使用しているアンサンブル楽譜、トランペットアンサンブルが中心になると思います。

 

いま出版されている楽譜は、

・川の流れのように(トランペット5重奏+Piano)

・星条旗よ永遠なれ(金管12重奏+Drum)

・蛍の光with Swing(金管五重奏)

・テューバのためのソナタ「子供の幻想」(Solo Tuba+Piano)

の4曲です。

 

作曲して溜めてあるものもいくつかあるので、少しずつ世の中に出していければいいなあと思います。

 

最近はアンサンブルコンテスト向けの曲や、フレキシブル対応なんかの曲が多いんですが・・・そのうちそういったものも少し出せればいいなあとは思うのですが、自分の書く曲の傾向としてちょっと偏ったものが多いので・・・2017年以降になるかなあと思います。

 

川の流れのようには、Quartet Made in Fukushima の皆さんがいつも演奏してくださったり(Tp3本用に工夫して演奏されてます)CDにも収録していただいたとのことで、有り難い限りです。

 

今年ももう残り少なくなってきたのでいくつか出版できるように頑張ります!

 

編曲も年内までの宿題がもりっとありますので、そちらも頑張りたいと思います。

 

 

JUGEMテーマ:アンサンブル

1