スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

出版譜のご案内 2016年10月

涼しくなったなあと思ったら、また暑いのに逆戻りですね。

いつになったら遠慮なく長袖が来られる日が来るのでしょうか・・・。

 

ブログは更新できるようになってきましたが、今度はホームページ(CASA BRASS ENSEMBLE)とか動画とか少しずつですが整備しています。

時間をね、上手に使えるといいんですが。

なにせ偏りのあるO型なんで、ひとつのことをやりだすと他のことに手が回らなくなるんですよねえ。

計画的に色々とできる大人になりたいです。

 

さて、今年6月からASKS Windsさんに楽曲の出版についてお世話になることになりました。

 

きっかけになったのは、大学の後輩であり、シンガポール交響楽団首席テューバ奏者である藤田英大くんから、2016年にアメリカテネシー州で行われる「ITEC2016」に出典する曲を書いてもらいたい、と依頼を受けたこと。

以前、YouTubeで発表した吹奏楽のための楽曲にとても感銘を受けて下さって、「オリエンタルな雰囲気のソナタを書いてほしい」とメッセージをいただいたのです。

 

オリエンタル・・・・

 

それはもう考えて考えて考えて・・・(笑)

 

メロディが頭のなかに浮かんで、それを組み立てていったらフレンチ和風な作品に仕上がりました。

ボザのような、ドビュッシーのような伴奏に乗せて、テューバのメロディーは和風な感じで。

 

とまあそんなことがあり、6月初旬には世界初演(!)され、6月25日に東京にて藤田くんのリサイタルが開催され、そちらで日本初演していただきました。

それにあたり、前述のASKS Windsさんにお声掛けいただき出版させていただくことになりました。

 

 

抜粋ですが。

こんな雰囲気の曲です。

 

楽譜の購入はこちら

 

他にも数曲出版させていただいてます。

できるだけ月に1曲ぐらいのペースで出せればいいなとは思っています。

CASAで使用しているアンサンブル楽譜、トランペットアンサンブルが中心になると思います。

 

いま出版されている楽譜は、

・川の流れのように(トランペット5重奏+Piano)

・星条旗よ永遠なれ(金管12重奏+Drum)

・蛍の光with Swing(金管五重奏)

・テューバのためのソナタ「子供の幻想」(Solo Tuba+Piano)

の4曲です。

 

作曲して溜めてあるものもいくつかあるので、少しずつ世の中に出していければいいなあと思います。

 

最近はアンサンブルコンテスト向けの曲や、フレキシブル対応なんかの曲が多いんですが・・・そのうちそういったものも少し出せればいいなあとは思うのですが、自分の書く曲の傾向としてちょっと偏ったものが多いので・・・2017年以降になるかなあと思います。

 

川の流れのようには、Quartet Made in Fukushima の皆さんがいつも演奏してくださったり(Tp3本用に工夫して演奏されてます)CDにも収録していただいたとのことで、有り難い限りです。

 

今年ももう残り少なくなってきたのでいくつか出版できるように頑張ります!

 

編曲も年内までの宿題がもりっとありますので、そちらも頑張りたいと思います。

 

 

JUGEMテーマ:アンサンブル

スポンサーサイト

コメント