スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

保育園音楽教室11月は“カズーを作ろう”

久しぶりに何も予定がない祝日です。

とはいえ、出かけなくても仕事はいっぱいあるので半分は引きこもりですが・・・。

 

 

今月の保育園の音楽教室は、製作。

牛乳パックでカズーを作りました。

 

Googleで「カズー 牛乳パック」と検索するだけでこんなに画像が出てきます。

 

ここをクリック

 

用意するものは牛乳パック、お絵かき用の油性マジック、ビニール袋(できたらスーパーのレジ袋とかシャカシャカしたもの)、セロテープ、ハサミだけ。

 

作り方はGoogleで検索したら色々出てきます。

牛乳パックに2センチ角ぐらいの穴を開けて、そこに穴より少し大きめに切ったビニール袋をセロテープで貼って、クルッと筒にしてセロテープで止めるだけ。

 

今回は保育園の先生方に協力していただき、事前に牛乳パックとビニール袋を切っておいていただきました。

 

まずはお絵描きするところからスタート。

 

 

やはり女子はハートが鉄板ですね。

 

 

みんな上手にそれぞれ思い思いの絵を書きます。

 

 

顔を書いたり、お花を書いたり・・・

 

 

色んな色を使ったり、真剣です。

 

 

こちらの子は何を書いたのでしょうか・・・

 

聞いてみたら、

 

「DVD!!」

 

と得意気に言っておりました(笑)

 

子供の発想力ってすごいです。

 

このあと同じ柄を描き続け、DVDとCDと言っておりました。

時代ですね・・・。

 

 

お絵かきが終わったらみんなでセロテープの作業。

ビニール袋を貼り付けて、完成!

 

 

早速音を出してみます。

 

 

こちらの子はなんと手ぶらでやっておりました(笑)

 

 

楽しそうです!

 

 

事前にうちの子供たちで実験してみたのですが、上手にビビビーっという音が出たのでイケるかなと思ったのですが、

意外と音をだすのが上手に行かない子も。

 

大きな声が出せる子は上手にいくみたいですね〜。

 

4園目にして、とある子が筒状にする前に、ビニールの部分に口をつけてウ〜〜っと声を出していたら、うまく振動することがわかったらしく、みんな真似し始めました。

それができたら筒状にしてもうまく振動することができたのです。

これはこちらも予想してなくて、子供に教えられました〜。

 

簡単にできるとはいえ、やっぱり楽器なので、しっかり息が入っていたり、振動する部分を意識しないと音が出ないんですね。

 

こちらが勉強させていただいた感じです!

 

 

完成したらみんなでカズーで歌を歌い、不思議な大合唱になりました^^

 

私は声がガラガラになりましたが(笑)

 

 

年間を通した音楽教室なので、リトミックあり、鑑賞あり、そしてこうやって楽器制作もあり、生活の中で音楽を楽しめるようになっていきます。

来月は保育園の生活発表会があり、先生に合奏の配置のアドバイスなんかもさせていただきました。

 

 

余談ですが、先日息子の通う小学校での金管五重奏の鑑賞教室を聴きに行ったのですが、

いままで音楽教室で教えてきた子たち(現在の1,2年生)は、手拍子をしたり、ちゃんと「アンコール!」も言えてたり(笑)

お〜〜、できてるな〜〜、なんて思いながら見てました。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:幼児教育

スポンサーサイト

コメント